ウルトラシャルソン

〜東北を走って 感じて 伝えよう〜

 

August 24-28, 2014

SPONSORS  

 

ご当地シャルソン協会は、シャルソンの発想で「東北のいま」を継続的に伝えて注意を喚起しつつ、それぞれの土地の魅力を発見しつづけるためにウルトラシャルソンを企画しています。「風化し始めた」と言われる3年後に企画を始めましたが、長い間継続したいと考えています。

 

継続開催のため、趣旨に賛同する方からのスポンサー・寄付を受け付けております。

 

(法人)

プラチナスポンサー 20万円〜

ゴールドスポンサー 10万円〜

シルバースポンサー 5万円〜

グリーンスポンサー 3万円〜

(個人)5000 円〜5000

Concept

 

パーティするようにマラソンし、東北の復興を走って見て伝えよう!

ウルトラシャルソンついに開催決定。
 

東北の震災被災地沿岸を走りながら、復興の姿を観察し、そこに住む人たちと会話をする。

シャルソンの基本である、ランナーが自ら地域を発見し、それを発信していくことを通じて、「東北のいま」を伝える。

Entry Fee

(1) フル参加 43,200円

(2) 区間参加(一区間2泊)21,600円

(3) 地元参加 5,000円(宿泊なしで宴会とスポーツ保険などの実費)

*イベント参加費・スポーツ保険・宴会・宿泊費・参加日数分のTシャツ込み(現地まで・現地からの交通費、およびランニング中の食事代が別途必要です)

Rules

・ウルトラシャルソンは3日間のランと前後泊合わせて、5日間続くランニングイベントです。ランニングを通じて地域を発見したあと(各日8:00-15:00を予定)、各地域で被災後活躍してきた地域の方、首長、ボランティアなどを招いた講演会をします(各日16:00-17:00)。また、ランナーと地元の人たちが交流しつつ、それぞれの体験をシェアするパーティを毎晩行ないます(18:00-21:00)。ランナーはこれらの体験をすべて、SNSを通じて発信することが求められています。

 

・2人以上でチームを結成し、各日程のゴールを目指しつつ、その過程で各地の魅力を発見していきます。チームメンバーは常に行動を共にすることとします。宿泊場所は、主催者が指定します。

 

・体調管理は各自(チームごと)でお願いします。また、主催者側から紹介するポイントで給水・給電・給◯ができるところもありますが、通常のマラソン大会のようなエイドはありませんので、いざというときに必要な装備(水や救急セット・食料など)は持参してください。また、緊急事態に備え、携帯電話とバッテリーの準備も万全にお願いします。


・一日のランニングに必要ない荷物は、主催者がスタート前に預かった上、ゴール地点まで運搬します。ただし、貴重品は各自携帯をお願いします。

Qualification

20歳以上の健康な男女。レース経験は問いませんが、5日連続でフルマラソンを走るようなものですので、それなりの覚悟と体力をレース当日までに習得してください。

Registration

Peatix特設サイトでの宿泊を伴う申し込みは終了しました。
http://ultra-cialthon-2014.peatix.com

 

地元参加者は8月21日まで募集しています。

一日単位でウルトラシャルソンを体験したい

人や、各地での講演会・宴会に参加したい

ひとはこちらをどうぞ。

Speakers

 

走ったあとは、各地で震災後に復興の現場で活躍した人の話を聞きます。ランニングと同じタイムラインに被災地の現在進行形の様子を載せることで、記憶を風化させず、より多くの人に伝えていきたいと考えています。

 

各地のスピーカーはこちらから